ニュース&トピックス

2011/4/16『東日本大震災復興祈念ウィーク』の開催と義援金について(ご報告と御礼)

 兵庫県立芸術文化センターでは、出演者はじめ関係各位のご協力のもと、震災の翌日(3月12日)から募金活動を行うとともに、西北活性化協議会等と共同で『東日本大震災復興祈念ウィーク』を開催いたしました。
 ご協力、ご賛同いただきました皆様に、厚く御礼申し上げますとともに、お寄せいただいた義援金は主催者から東日本大震災兵庫県義援金募集委員会を通じて被災者の支援に役立ててまいります。
 被災された方々に心からお見舞い申し上げますとともに、被災地の一日も早い復興を願っております。


1 東日本大震災復興祈念ウィーク
(1) 開催期間  平成23年4月8日(金)~4月14日(木)の1週間
(2) 期間中の義援金計 4,911,485円  ※主な取組によるもの
(3) 期間中の主な取組   
 ① 大震災復興祈念演奏会
 ・ 内容:4月8日(金)・9日(土)・10日(日)の3日間の「兵庫芸術文化センター管弦楽団第42回定期演奏会」
  兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール
  PACメンバー有志によるロビーコンサート
  演奏会前後に大ホールホワイエで佐渡芸術監督とPAC有志による募金活動
 ・ 義援金:2,691,626円
 ・ 主催:兵庫県、兵庫県立芸術文化センター 
 ② 復興祈念のつどい
 ・ 内容:4月9日(土)13:30~14:30  兵庫県立芸術文化センター前高松公園
  PAC有志、スーパーキッズ・オーケストラ、神戸市立住吉小学校合唱部、にしきたのこどもたちによる演奏、佐渡芸術監督から被災地へのメッセージほか(当日の模様は動画配信中です。 こちら
  高松公園での募金活動 (参加者:約1,200名)
 ・ 義援金:442,795円
 ・ 主催:西北活性化協議会、にしきた街舞台実行委員会、兵庫県立芸術文化センター
 ③ 復興支援チャリティーコンサート
 ・ 内容:4月14日(木)14:00~15:30  兵庫県立芸術文化センターKOBELCO大ホール
 『 なみだは重き ものにしあるかな 』東北をうたう 啄木をうたう
 藤崎美苗(ソプラノ、岩手県出身)、畑儀文(テノール)、佐々木美穂(朗読) 河村尚子(ピアニスト、特別出演)他 
 ホワイエでの募金活動(入場者:約1,300名、子供たちを含む)
 ・ 義援金:1,777,064円
  内訳(入場料の収益金1,338,455円、募金438,609円)
 ・ 主催:西北活性化協議会、にしきた街舞台実行委員会、兵庫県立芸術文化センター

2 義援金総額(累計)[平成23年3月12日~4月14日までの総額、「復興祈念ウィーク」期間中の上記金額を含む。] 6,618,523円

  16年前、阪神・淡路大震災では、私たちは国内外の方々からご支援をいただき、互いに助け合うことの大切さを学びました。
  この教訓のもと、これからも皆様とともに年間を通じて息の長い被災地支援に取り組んでいきたいと考えています。