ニュース&トピックス

2020/10/20「キオスク」兵庫公演、東京公演はじめ全公演の日程を発表!


いつも兵庫県立芸術文化センターをご利用いただきまして、ありがとうございます。

 兵庫公演の詳細は こちら

 オフィシャルサイトは こちら


【お問合せ先】
 芸術文化センターチケットオフィス
 〒663-8204 兵庫県西宮市高松町2-22
 ℡0798-68-0255(10~17時/月曜休*祝日の場合翌日)


■過去のニュース
2020/10/10
2021年1/22(金)~24(日)に「キオスク」上演決定!


いつも兵庫県立芸術文化センターをご利用いただきまして、ありがとうございます。

 昨年12月から今年1月にかけてリーディングシアターとして上演された「キオスク」が、林翔太を主演に戯曲版で日本初演することが決定いたしましたので、お知らせいたします。

 ナチスドイツが台頭するオーストリアで時代に翻弄される人々を描く感動作。

 オーストリアの人気作家ローベルト・ゼーターラーによるベストセラー小説「キオスク」を作者本人が戯曲化してウィーンで初演された本作を日本初演します。昨年12月から今年1月にかけて、石丸さち子上演台本・演出で小説を基に創造し、原作に忠実に上演したリーディング版日本初上演は、大好評を得ました。今回はローベルト・ゼーターラー本人による戯曲版を上演します。
 本作で描かれるのは、ウィーンのキオスク(タバコ店)で働くことになった青年フランツの、さまざまな大人たちとの交流や初恋を通じた波乱の成長と、政治、世情と向き合う物語でもあります。
 舞台となる1937年のオーストリアは、ナチスドイツが台頭し、ヒトラーによるホロコーストが始まり、人種差別が横行する世界。そんな時代に多感な時期を過ごすこととなったフランツの切なくも純粋な青春と、Black Lives matter 運動がおこる現代への警鐘に、心が突き動かされます。

 めまぐるしい時代に、大人への階段を駆け上るフランツを林翔太、フランツが出会う大人たちを実力派キャストが演じます。

 主演は今年、ジャニーズJr.を卒業、ミュージカルやコメディなど幅広い作品で活躍し、演技派俳優の道を突き進む林 翔太、共演に、リーディング版にひき続き、実力派女優として多彩に活躍する一路真輝、東京パフォーマンスドールの上西星来、常に高く評価されるベテラン俳優山路和弘が決定。
 さらに、今作には、ミュージカル、ストレートプレイと多数の作品で活躍する橋本さとし、秀作舞台への出演で評価が高い女優の大空ゆうひ、劇団☆新感線公演をはじめ多くの舞台で存在感を発揮する吉田メタル、故蜷川幸雄演出作に多数出演の実力派俳優 堀 文明が出演いたします。

 精鋭キャストによって上演する新たな「キオスク」にご注目ください。
 
 オフィシャルサイトは こちら




【お問合せ先】
 芸術文化センターチケットオフィス
 〒663-8204 兵庫県西宮市高松町2-22
 ℡0798-68-0255(10~17時/月曜休*祝日の場合翌日)