公演カレンダー

公演の詳細

  • 自主公演
  • 主催

ベルリン放送交響楽団

●ソリスト・アンコール曲
フェデリコ・モンポウ:「街はずれ」から 第1曲


※ウラディーミル・ユロフスキー インタビュー

開催日
2019年3月24日(日)
開 演
14:00  (開 場 13:15)
会 場
芸術文化センター KOBELCO大ホール
料 金
A ¥13,000/B ¥10,000/C ¥7,000/D ¥5,000/E ¥3,000
発売日
先行 2018年10月13日(土) 
一般 2018年10月14日(日) 
ドイツの名門オーケストラ・ベルリン放送交響楽団が2017/18シーズンより新たな芸術監督を迎えた。今、欧州を席巻するウラディーミル・ユロフスキー。大器だ。
1972年モスクワ生まれのユロフスキーは、95年に英国ロイヤル・オペラにデビュー。その後も、ベルリン・フィル、ウィーン・フィル、ミラノ・スカラ座、メトロポリタン歌劇場など世界の主要オーケストラ、歌劇場に客演という輝かしい経歴を持つ。さらに2021/22シーズンより、キリル・ペトレンコの後継として、バイエルン国立歌劇場の音楽監督に就任することが決定しており、その活躍はとどまるところを知らない。
今回の来演では、18歳でドイツに移住し、ドイツ音楽の真髄を学んだユロフスキーがドイツ古参の放送交響楽団とドイツ・プログラムに挑む。オーケストラとピアノが対峙する壮大なブラームスの協奏曲第1番と軽快な1楽章で人気のベートーヴェン第7交響曲。
ソリストにはレイフ・オヴェ・アンスネスを迎える。確かなテクニックと溢れる知性、つねに美感に訴えるピアノを聴かせてくれるアンスネスのブラームスとあって、ピアノ・ファンにも堪らない公演となりそうだ。
出演者
首席指揮者/芸術監督
ウラディーミル・ユロフスキー
ピアノ
レイフ・オヴェ・アンスネス
管弦楽
ベルリン放送交響楽団
プログラム
モーツァルト:歌劇『フィガロの結婚』序曲
モーツァルト:ピアノ協奏曲 第21番 ハ長調K.467 ピアノ:レイフ・オヴェ・アンスネス
ベートーヴェン:交響曲第7番(マーラー編曲版)
※当初発表より変更となりました。

チケットの取り扱い先

■芸術文化センターチケットオフィス 0798-68-0255
 (10:00AM‐5:00PM/月曜休み ※祝日の場合翌日)
 10/13(土) 10:00AMより会員先行予約受付開始
 10/14(日)より一般発売
 窓口での発売10/16(火)より開始(残席がある場合のみ)

■チケット取扱いプレイガイド
チケットぴあ/0570-02-9999[Pコード:124-877]
ローソンチケット/0570-000-407(オペレーター対応)・0570-084-005[Lコード:53277]
イープラス(パソコン・携帯電話)
※プレイガイドでのお取り扱いについては、各プレイガイドにお問い合わせください。

※未就学児童のご入場はご遠慮ください。
※やむを得ない事情により、出演者・曲目等が変更となる場合があります。
 あらかじめご了承ください。

主催
兵庫県
兵庫県立芸術文化センター
お問い合わせ先
芸術文化センターチケットオフィス 0798-68-0255