公演カレンダー

公演の詳細

  • 演劇
  • 自主公演
  • 主催

愛するとき 死するとき

■新型コロナウイルス感染予防対策にご理解とご協力をお願いいたします。
マスクを着用されない方はご入場できません。(マウスシールド不可)
※来場者情報を把握するため、芸術文化センターでのチケットのご購入は
芸術文化センター先行予約会員に限定させていただきます。
会員でない方は会員登録の上ご購入いただけます。会員登録はこちら(登録無料)
※芸術文化センターでのチケットのご購入はお一人様1公演につき2枚(ご本人と同伴者)までとさせていただきます。
※開演時間に遅れられますと、ご購入席にご案内できない場合があります。

ご来館の際は、<当センターをご利用のお客様へ>を必ずお読みください。

最前列はB列9~22番、C列2~8番・23~29番です。
※販売席は、業界のガイドラインに基づき、隣席を空けない配席としております。



開催日
2021年12月12日(日)
開 演
13:00  (開 場 12:15)
会 場
芸術文化センター 阪急 中ホール
料 金
全席指定 ¥7,800
発売日
先行 2021年10月9日(土) 
一般 2021年10月16日(土) 
他の開催日
12月11日(土) 13:00 開演
ドイツの作家フリッツ・カーターが綴った三部構成の戯曲『愛するとき 死するとき』。
ベルリンの壁崩壊前の社会主義体制下で青春期を過ごした作家自身の経験を活かし、社会主義国家の息苦しい日常や反体制運動、西ドイツへの逃亡などを背景に、普遍的な人間の感情が描かれます。
本作を、生まれ育ったドイツ作品の翻訳劇を中心に昨今活躍が目覚ましい小山ゆうなの翻訳・演出のもと、7人の精鋭キャストとともに「愛」がテーマの人間ドラマとして描き出します。
物語の中核を担うのは、ミュージカル、ストレートプレイ、映像作品と多分野で安定した演技力を披露する浦井健治。音楽劇的な部分もある本作では、その歌声を聞けるところも楽しみのひとつとなるでしょう。さらに本作では恋人、母親など、様々な女性像の幅広い演技に期待がかかる高岡早紀をはじめ、前田旺志郎、小柳友、篠山輝信、岡本夏美、山﨑薫と舞台・映像などでも注目を集める出演者が揃い、それぞれ年齢も背景も異なる複数役を演じ分けるのも見どころです。
人類にとって普遍的なテーマである「愛」を通し、現実への反発と許容をより明晰に描き出す本作。どうぞご期待ください。
出演者
出演
浦井 健治 /
前田 旺志郎 小柳 友 篠山 輝信 /
岡本 夏美 山﨑 薫 /
高岡 早紀
スタッフ
フリッツ・カーター
翻訳・演出
小山 ゆうな
音楽・演奏
国広 和毅

チケットの取り扱い先

■芸術文化センターチケットオフィス 0798-68-0255
 (10:00AM‐5:00PM/月曜休み ※祝日の場合翌日)
 10/9(土)10:00AMより発売
 窓口での発売は10/10(日)より開始(残席がある場合のみ)

■チケット取扱いプレイガイド
 10/16(土)10:00AMより発売(インターネット限定)
 ○チケットぴあ
 ○ローソンチケット
 ○イープラス
 ※プレイガイドでのお取り扱いについては、各プレイガイドにお問い合わせください。

※未就学児童のご入場はご遠慮ください。
※やむを得ない事情により、出演者等が変更となる場合があります。
 あらかじめご了承ください。





主催
兵庫県
兵庫県立芸術文化センター
企画制作
世田谷パブリックシアター
お問い合わせ先
芸術文化センターチケットオフィス 0798-68-0255